きゃらめる*ぱぱは、無料映画をyoutube・ニコニコ動画・dailymotion・veoh・guba・youku・mofile・pandra.tv等、 画像をFlickr等から紹介!インターネットの話題を綴るブロクです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマークに追加する





ブログパーツ
記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【貴重動画】TAKURO YOSHIDA 吉田拓郎 セブンスター・ショウ 1976年3月28日 

takuro _y001セブンスター・ショー
吉田拓郎リサイタル
1976年3月28日(日)TBS
(昭和51年 当時30歳)
出演者:吉田拓郎、泉谷しげる、川村ゆうこ、他。
演奏曲等:1.春だったね2.襟裳岬3.まにあうかもしれない4.知識5.ガラスの言葉6.花嫁になる君に7.結婚しようよ8.風になりたい 唄・川村ゆうこ・拓郎9.寒い国から来た手紙10.三軒目の店ごと11.蒼い夏12.祭りのあと13.ひらひら14.僕の唄はサヨナラだけ15.落陽16.明日に向って走れ(レコード)1976年3月19、20日の2日間、TBS-Gスタジオにて収録された。219分の素材を90分番組に編集したもの。


吉田拓郎がフォークの貴公子から、神になった時代。まったくTVに出ない拓郎が、その沈黙を破って「セブンスター・ショウ」に出ると言うのは拓郎ファンにとっては衝撃的な事件でした。当時はビデオが無い時代で、この動画がある事がどうしても「信じられない」。今でもこの時のTVは、はっきりと記憶しています。テレビの前でラジカセを準備して、家族には終わるまで一切喋らない様にお願いして録音したんです。なんで動画があるんだ。。。(拓郎のテレビ出演拒否の歴史関連はwikipediaを参照してください)
こま切れの動画を繋ぐべく、彼方此方をウロウロと回ったのですが、全編を見つけることは残念ながら出来ませんでした。申し訳ないです。ここでは前半5曲。この頃が拓郎の黄金期(メッセージ性が薄れていく「お伽草子~大いなる人」あたりまでソングライターとしての第二期の音)だと思っています。オールナイトニッポンで、浅田美代子とは結婚しないといいながら、あっさりと浅田美代子と結婚、活動も華々しくフォーライフ・レコード設立、提供曲襟裳岬の大ヒット、この後キャンデイーズの「やさしい悪魔」等々。この時期の後、フォーク・ギターからエレキへ持ち替え、ポップ化する事になります。。。あぁ。原宿のペニーレイン思い出すなぁ。
1974年のアルバム「今はまだ人生を語らず」の中の「ペニーレインでバーボン」は歌詞の中に「つんぼ桟敷」と言う差別用語が入っている為、放送禁止歌。その煽りでアルバム「今はまだ人生を語らず」は1986年に初CD化、1990年にCD選書で再発されたものの、その後生産中止されています。2006年のつま恋コンサートでは「蚊帳の外」と変えて歌い、テレビ放送されました。
フォーライフ・レコード - Wikipedia
フォーライフ・レコード(For Life Records)は、井上陽水、吉田拓郎、泉谷しげる、小室等といった、当時人気のフォークシンガーが1975年に設立したレコード会社。また、小室等が初代社長である。販売元は、株式会社ポニー(現:ポニーキャニオン)→BMGビクター(現:BMG JAPAN、1996年 10月~)末期は今井美樹等の主力アーティストが相次いで移籍した事と新人アーティストの売り上げ不振が重なり経営が悪化。2001年に会社を清算し更生会社、フォーライフミュージックエンタテイメントを設立し現在に至る。




セブンスター・ショウより5曲

祭りのあと

花嫁になる君に

蒼い夏

寒い国から来た手紙

三軒目の店ごと



旅の宿 1972年「吉田拓郎リサイタル」より

吉田拓郎 70' 最古の映像!

とYOUTUBEでは紹介されています。これは映画「若者はゆく」1969年のワンシーンだと思いますので、確かに最古かも知れません。

74'シンシア 吉田拓郎 前編 バックは愛奴。浜田省吾ドラム。

74'シンシア 後編 吉田拓郎 かまやつ

タイトルの "シンシア" とは、1971年6月1日に「17才」で鮮烈なレコード・デビューを飾り、アイドル研究本などでは「(今日に続く)アイドルの原点」と語られることもある、南沙織の愛称。彼女のクリスチャン・ネームでもある。1979年、写真家の篠山紀信と結婚。

1974年11月12日放送のフジテレビ音楽番組『ミュージックフェア』では、シンシアを挟んでよしだ・かまやつが「シンシア」を歌う模様が放送された。当時、吉田拓郎はあまりテレビに登場しないことで知られていたため、現在でも貴重映像として扱われている。

'74 「夏の感情」南沙織 演奏:キャラメルママ



1975年9月30日 吉田拓郎のオールナイトニッポン
(第一期'74.9-'75.9) 最終回 1/4

「こんばんわ、吉田拓郎です。こういう話を放送でやるのは僕としてもどうかと思ったんだけど、この放送では裸の自分をさらけ出していたつもりだったから…俺たちは離婚することになりました。拓郎のオールナイト・ニッポン、最終回です」


スター千一夜 吉田拓郎
('80か'81年だと思います。この浅田美代子とのツーショットはかなり貴重)





【映画】結婚しようよ 予告編





予備





'76 風になりたい 川村ゆうこ 吉田拓郎

川村ゆうこ - Wikipedia
川村ゆうこ(かわむらゆうこ、1955年3月17日-)は青森県出身の歌手である。1975年第1回フォーライフ新人オーディショングランプリを獲得。翌年吉田拓郎プロデュースによりデビュー。当時のキャッチ・フレーズは「5人目のフォーライフ」。現在も活動を続けている。







吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~
吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~オムニバス 怒髪天 平川地一丁目

インペリアルレコード 2008-02-02
売り上げランキング : 747

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
歩道橋の上で COUNTRY BACK STAGE DOCUMENT 風になりたい(初回盤)(DVD付) たくろうベストコレクション〈2枚組〉 いつも見ていた広島―小説吉田拓郎 ダウンタウンズ物語 FOLK&POPS 吉田拓郎のすべて 全曲完全コピー


スポンサーサイト

ブックマークに追加する





ブログパーツ
記事編集 [ 2008/02/27 16:11 ] 邦楽 | TB(0) | CM(1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/04/02 15:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL

最近の記事
この動画を観ました。
[対応動画サイト]
*YouTube*ニコニコ動画 *GoogleVideo*AmebaVision *Stage6*Dailymotion
BOOKMARK
RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。