きゃらめる*ぱぱは、無料映画をyoutube・ニコニコ動画・dailymotion・veoh・guba・youku・mofile・pandra.tv等、 画像をFlickr等から紹介!インターネットの話題を綴るブロクです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマークに追加する





ブログパーツ
記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大滝詠一 ナイアガラ・ヘッドフォン・コンサート1981.12.03 渋谷公会堂 


1981年12月3日。大滝詠一が企画した『ヘッドフォンコンサート』という、観客が自身のヘッドフォンを持参し、小型のFMラジオを取り付けた座席でステージの上の演奏をヘッドフォンを通して聴くというコンサートが行われた。これは昨今では珍しいライブ録音可能なスタイルのものであった(渋谷公会堂 - Wikipedia)


このコンサートの模様は、資料として下記サイトに詳しくレポートされていますので、ご参照ください。

ナイアガラとは・・・
12・3、木曜日の夜9時はTBSテレビ〈ザ・ベストテン〉の時間です。〈ザ・ベストテン〉は80年代の人気テレビ番組でランキング形式の歌謡番組の先駆者的プログラムでした。その前週のランキングでナイアガラ・トライアングルの「A面で恋をして」は18位に初登場。そしてこの週のランクイン、そして3人の出演に、われわれの期待は否が応でも高まりました。なぜならその夜は〈ヘッドフォン・コンサート〉当日であったのです。


画像転載元 www.t3.rim.or.jp/~t_abe/niagara/

このヘッドフォン・コンサートのテープについては、私も"お宝"として大事に持っています。約2時間にも及ぶ貴重音源と言えるものでしょう。


第一部
01. FUN X 4 
02. Pap-pi-doo-bi-doo-ba物語 
03. Velvet Motel 
04. スピーチ・バルーン 
05. 外はいい天気 
06. 青空のように 
07.カナリア諸島にて 
08. 指切り 
09. 雨のウェンズデイ 
10. 恋するカレン 
11. ナイアガラ・ムーン 

休憩
~メイキング・オブ・恋はメレンゲ~メイキング・オブ・想い出は霧の中 

第二部
12. Confidencial 
13. Blue Velvet 
14. 風立ちぬ 
15. 街で見かけた君/杉 真理 
16. サムデイ/佐野元春with伊藤銀次+ダデイ柴田 
17. A面で恋をして/ナイアガラ・トライアングル 
18. メンバー紹介~君は天然色 
19. さらばシベリア鉄道 ~アンコール~
20. A面で恋をして/ナイアガラ・トライアングル

島村英二(D)/長岡道夫(B)/ 鈴木 茂&村松邦男(EG)/吉川忠英&安田裕美(AG)/難波弘之&国吉良一(K)/鳴島英治&川瀬正人(Per)/鈴木宏子、和田夏代子&伊集加代子(Chorus)
(この演奏曲目リストについては、「NIAGARA WORLD」さんより転載させて頂きました。ありがとうございました。



追記。(カヴァー)
12.フリートウッズの「コンフィデンシャル」(1959)
13.クローバース「ブルーベルベット」(1956)
また、大滝詠一が松田聖子に提供した14.「風立ちぬ」のセルフカヴァーについては、曰く、「二度と歌うことはない」と言うことです。



この音源をインターネットには流さない、と言うか・・・流しちゃまずいだろ。と思っていたんですが、公開しているサイトがあったので、今回記事として取り上げる事にしました。



1981.12.03 渋谷公会堂 ナイアガラ・ヘッドフォンコンサート - TVR キミーラ 、 60s~80s音楽、遊び好きの戯言 - Yahoo!ブログ
1回の記事で、開演から順番に1~2パートづつ、、、完全にUPが終わるのは、いつになるかな~~???

大滝師匠の歌う「風立ちぬ」 - HIDENORI' s blog - Yahoo!ブログ
松田聖子の「風立ちぬ」の作曲者は大滝詠一師匠であるが、1981年に渋谷公会堂で、ソロライブを行った時の超貴重な音源。自ら「風立ちぬ」をうたったというもので、その筋の大滝師匠ファンでは有名な音源。

↑上のプログからの音源が既にニコニコ動画にアップされています。すぐら消されると思いますが。「風立ちぬ」(大滝詠一ソロ・ヴァージョン)松田聖子とのデュエット・ヴァーバョンもSTAGE6にアップされていました。最下部に掲載しました。




関連雑誌
4309976964大瀧詠一―総特集 大瀧詠一と大瀧詠一のナイアガラ30年史 KAWADE夢ムック 文藝別冊

河出書房新社 2005-11
売り上げランキング : 48193

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



歌手*クローバース(Clovers)
1956/7 Love,Love,Love (ビルボード30位)
1959/11 Love Posion No.9 (ビルボード23位)

歌手*フリートウッズ(Fleetwoods)
1959/3 Come Softly To Me (ビルボード1位)
1959/6 Graduation's Here (ビルボード39位)
1959/9 Mr.Blue (ビルボード1位)
1960/2 Outside My Window (ビルボード28位)

歌*コンフィデンシャル
1956年にソニー・ナイト(Sonny Knight)でビルボード17位

歌*ブルー・ベルベット
1963年にボビー・ビントン(Bobby Vinton)でビルボード1位

Blue Velvet / Bobby Vinton


Blue Velvet / 山下達郎


コンフィデンシャルについては、適当な動画がありませんでした。
(私の所蔵しているモノもTAPEのみでした。)


ALL NIGHT NIPPON SUPER FES. '83

83年「EACH TIME」が発売延期となった時、お詫びを含めての出演となったようです。アンコールはサザン・ラッツと大滝さんですか・・豪華です。このコンサートの後、新譜ジャーナル1983年11月号にて、インタヴューが掲載されています。次の記事 大滝詠一/ナイアガラ インタビュー記事補完 1982~1984のshinpujournal1983年11月 TEA TIME TALKING●INTERVIEW/大滝詠一に続きます。


プログラム・参加アーティスト




風立ちぬ (松田聖子、大滝詠一デュエット)レア音源



スポンサーサイト

ブックマークに追加する





ブログパーツ
記事編集 [ 2008/02/09 17:18 ] 大滝詠一 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL

最近の記事
この動画を観ました。
[対応動画サイト]
*YouTube*ニコニコ動画 *GoogleVideo*AmebaVision *Stage6*Dailymotion
BOOKMARK
RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。