きゃらめる*ぱぱは、無料映画をyoutube・ニコニコ動画・dailymotion・veoh・guba・youku・mofile・pandra.tv等、 画像をFlickr等から紹介!インターネットの話題を綴るブロクです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマークに追加する





ブログパーツ
記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Van Dyke Parks ヴァン・ダイク・パークス / ソングサイクル Song Cycle / バーバンク・サウンド 



1943年1月3日、4人兄弟の末っ子としてミシシッピ州ハティスバーグに誕生。幼少のころにはボーイクワイアにも参加し、テレビショーにも子役として出演する。12才の頃には、グレース・ケリーの最後主演作品「白鳥」にも子役スターとして登場するほど才能に溢れていた。大学ではクラシック・ピアノを専攻。その後 1964年ごろに、プロデューサーのテリー・メルチャーと出会い、レコーディングにも参加。そしてビーチボーイズのブライアン・ウィルソンとも交友を深めビーチボーイズの名曲を共作するに至る。66年にワーナーブラザーズのA&Rレニー・ワロンカーにソング・ライターとして雇われ、後にプロデューサーとしても活躍するテッド・テンプルマンも在籍していたハーパース・ビザールを手がける。そして、自身も68年に『ソングサイクル』をリリース。ハリウッドの映画音楽と、フォーク・ミュージックの華麗な融合として大絶賛を浴びる。その後はランディ・ニューマン、ライ・クーダー、リトル・フィートなどのアルバム制作を手がける。70年には、カリビアン・ミュージックへの敬意と憧れからエッソ・トリニタード・スティール・バンドもプロデュース。それは自身のセカンド・アルバム『ディスカバー・アメリカ』(72年)、『ヤンキー・リーパー』(75年)という作品にも反映される。また、72年に、LAで録音された、はっぴいえんどのラスト・アルバムにソング・ライター、アレンジャーとして参加。これが大きなきっかけとなって細野晴臣や大滝詠一に大きな影響を与えることになる。1984年には10年ぶりのアルバム『ジャンプ』を発表。その後ディスカバー・ジャパンとも言える『TOKYO ROSE』(89年)をリリース。今回の紙ジャケット・コレクションでは、5枚のオリジナル・アルバムと関連するアルバムを紙ジャケットで発売する。なお2007年春には、細野晴臣トリビュートに参加し、大きな話題になった。(Warner Music Japan より)

View most interesting ' van dyke parks' photos on Flickriver

細野晴臣トリビュートアルバム-Tribute to Haruomi Hosono-
ディスカヴァー・アメリカ<紙ジャケットCD />
ヤンキー・リーパー<紙ジャケットCD />
Jump!

Van Dyke Parks ヴァン・ダイク・パークス/ソングサイクル Song Cycle / バーバンク・サウンド

1967年(正確には67年~68年にかけて、レコーディング又は製作時期が67年あたりで重なる為)、歴史的名盤が誕生しました。

ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」(Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band)、ビーチボーイズの「スマイリー・スマイル」(Smiley Smile)、そして今回紹介するヴァン・ダイク・パークスの「ソングサイクル」(Song Cycle)は3大名盤と言われています。(スマイリー・スマイルは当時未発表に終わってますが、ここでは歴史的と言う事であげています。ビーチボーイスについては、また別の話で)

私は音楽ライターでは無いので、何でもかんでも褒める事はしないですが、確かに歴史的な(ここでは、それがポップ・ロック界のミュージシャン達に与えた影響という意味で)記念碑的名盤であることは疑いの無いことです。
実は歴史的な名盤と言うのは都合の良い商業主義のための言葉で、「耳年増の音楽評論家のウンチク」が勝手に決めた事が通説として言われ続けているだけだと言う事を認識して欲しいです。人々は、その「宣伝文句」に踊らされて、「名盤、ありがたや」と買わされているだけで。

基本的に歴史的と言うのは音楽界における、その時代の流行、事件等を踏まえた代表的なアルバムを指します。

この1967年前後はサイケ、フラワームーブメント、ヒッピー、ウッドストック、LSD(ドラッグ)、フリーセックス、インド宗教(マハリシ)等が彼らのまわりで流行。

かくゆう私も「名盤漁り」を相当やりました。一ヶ月20~50枚のペースで、自分の音楽観の空白の時代を埋める為に、名盤と言われるアルバムは殆ど買い揃えてました。結局2万枚以上のコレクションになって、書棚の肥やしになってしまっている。
Champagne Charlie
Champagne Charlie
[Leon Redbone]
Last Train to Hicksville
Last Train to Hicksville
[Dan Hicks & His Hot Licks]
A&M バート・バカラック・ソングブック -A&M Songs Of Burt Bacharach-
A&M バート・バカラック・ソングブック -A&M Songs Of Burt Bacharach-
[オムニバス,カーペンターズ,ライザ・ミネリ,ロジャー・ニコルズ,バート・バカラック,セルジオ・メンデス,ショーン・フィリップス,ウィ・ファイブ,ハーブ・アルパート,クロディーヌ・ロンジェ,ピート・ジョリー]


ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」がレコード会社に与えた影響は大きく、トータルアルバムと言う作り方(アルバームがひとつのテーマの元に繋がって作られる。「大意として」)は、各アルバムからアーティストの意思を無視して勝手にピックアップ編集して切り売りすることが出来なくなり、レコード会社あってのアーティストから、アーティストあってのレコード会社へと逆転。それが始まった記念碑的なアルバム。その分、「シングルは別テイクです」で、ファンの心理をくすぐって買わせるわけですけど。

「歴史的名盤」と「出来が良いアルバム」は違う。個人的な好みの問題もあるが「サージェント・ペパーズ」よりも、「アビーロード」「ラバー・ソール」「リボルバー」の方が再生回数は多い。「スマイリー・スマイル」よりも、「ペット・サウンズ」という様に(再生回数=無意識の自分の好みの判断基準とするならば)。

通称歴史的名盤とは、普通に音楽(流行歌)を楽しんでいる一般の人には、なんの意味も無い、音楽の歴史を追いかけるコレクターの為の言葉にすぎないんです。(と、コレクターの私が言う) ベスト盤持ってりゃ何の問題もなし。

シングルのヒット曲=みんなが統計的に好きな曲で、歴史的名盤=みんなが統計的に好きなアルバムでは無い。ネット上でも「歴史的名盤だから買ったほうがいい」とか「聞いたほうがいい」とか言うのは間違っている感じがします。お前はアマゾンとHMVと楽天の回し者かと。「良かったよ。聞いてみて」って書くのが、薦めるのであれば普通だと思いますねぇ。

この3枚は、実は関連性があります。ビーチボーイズのブライアン・ウイルソンは「サージェント・ペパーズ」の出来の凄さに製作中の「スマイル(後のスマイリー・スマイル)」の製作を中断し、ノイローゼでLSDに走ってしまうという。ヴァン・ダイク・パークスは「スマイリー・スマイル」に参加しており、2曲に彼のクレジットがあります。また、ポール・マッカートニーは「サージャント・ペパーズ」製作後、ブライアン・ウイルソンの自宅を訪れ「スマイリー・スマイル」の中の一曲をセッションしたとも(これは噂)言われています。

この項目の最後に、「静かなブームは流行していない」「隠れた名盤は名盤ではない」と、まとめ。

さて、なんのかんのを適当にひっくるめ、長々と前置きをあーたらこーたらと書き殴った上で、この三大歴史的名盤の中で、もっとも難解で、その上、アルバム、アーティスト共に知名度が薄くコレクター好み度が著しく甚だし過ぎて、説明が必要なヴァン・ダイク・パークの歴史的名盤「ソングサイクル」。(ビートルズ、ビーチボーイズについては、また別のお話)

私が書ける前提としては、ヴァン・ダイク・パークスのアルバムは「Song Cycle」(1968年)「Discover America」(1972年)「The Clang of the Yankee Reaper」(1975年)「Jump!」(1983年)「Tokyo Rose」(1989年)の5/8枚しか持っていません。

他に、「Idiosyncratic Path:The Best of Van Dyke Parks」(1994年)「Orange Crate Art」(1995年)「Moonlighting:Live at the Ash Grove」(1998年)が発売されています。

「名盤漁り」の中で好きになった一人で、この「Song Cycle」は初版LPを、当時としてはかなりの高額の、たしか5000円くらい(定かではないけど)で78年~80年頃に買ったと思いますが、いくら探してもなかなか見つからない超レア盤の部類に入っており、見つけたら即買いしなければ、後何ヶ月~何年先に出てくるか分からないと言うシロモノ、要は全然売れなかったアルバムなので流通する枚数が少ない。大滝詠一「多羅尾伴内」レベルくらいでしょうか。[前置きここまで]

ヴァン・ダイク・パークスの作り出すサウンドはバーバンク・サウンドと呼ばれていました。

■バーバンク・サウンド
湘南サウンドがなんだと聞かれれば、その音楽性について答えるのは難しいでしょう。所謂、「サザン・オール・スターズ、加山雄三、ブレッド&バター みたいなー」で、なんとなく全容をイメージできると思います

代表されるアーティストが居住している地域(ご当地)で作られた音楽と言う意味で捉えるのが適当です。

バーバンク・サウンドとは、60年代後半(評論家によれば60年代初頭~70年代初めまでと言われていますが、人気が集中した全盛期を考慮すれば、60年代後半の数年の短い期間だと、絞って決め付けていいと思います)に、ヴァン・ダイク・パークス、ランディー・ニューマン、ハーパース・ビザール等をプロデュースしたワーナー・レコードの二人(ヴァン・ダイク・パークス、ランディー・ニューマン)の友達でA&R仕掛け人のレニー・ワロンカー(リバティ・レコードの社長の息子)の作り出す音楽の事です。(ハーパース・ビザールを「ソフトロック」として言われていますが、彼らの音楽はバーバンクです。)

ワーナー・ブラザーズの会社がLA郊外のバーバンクにあった事から俗称としてバーバンク・サウンドと呼ばれていました。

音楽性については、原点回帰を目指す音作り。50年代以前を感じさせるストリングスや民族楽器を"古い楽器の音をを新しい手法で"表現して、時にはオーバー・プロデュース気味に作り出す「新しいサウンドだ」みたいなもの。私は斬新だけど新しいとは思いませんでしたが。

このシリーズに影響を受けたミュージシャンも沢山いました。そしてこのサウンドはマニアには堪らない音です。一時期はレニー・ワロンカーがプロデュースしたと書いてあるものは全て買ってましたから、70年代のトミー・リピューマと同じくらいに。
特別料理 イート・イット・ヒア<紙ジャケットCD />
フィーリン・グルーヴィー(紙ジャケット仕様)
シークレット・ライフ・オブ・ハーパース・ビザール(紙ジャケット仕様)
ランディ・ニューマンを歌う(紙ジャケット仕様)


1968年、この「Song Cycle」(邦題『新しい世界』)の日本発売当時の「ミュージック・ライフ/1968年4月号」では次のように書かれています。

『4月に「新しい世界」と言うアルバムでデビューを飾ったヴァン・ダイク・パークス。このアルバムを聞くとアメリカのポップス界に息吹くニュー・ミュージックの台頭を感じ取ることが出来ます。それも、極端な奇抜さを狙ったものではなく、音楽の美しさはそのまま、それに技術的な新しさと精神的な新しさを吹き込んで作られた。全く画期的なポピュラー音楽と言えましょう。』
その後は経歴で引き伸ばして埋められています。所謂、「変った音楽」それ以外は、あまり書くことが無いと言うことでしょう。ついでですが、この1968年の「ミュージック・ライフ人気投票」では下記のようになってました。

「日本の部」1.スパイダース 2.タイガース 3.カーナビーツ
「女性ボーカル」1.ナンシー・シナトラ 2.シルビー・バルタン 3.シェール
「男性ボーカル」1.ポール・マッカートニー 2.スコット・ウォーカー 3.ジョン・レノン
「インスト個人」1.ジョージ・ハリスン 2.キース・リチャード 3.リンゴ・スター
「インスト・グループ」1.シャドウズ 2.ハーブ・アルパート 3.ベンチャーズ
「ボーカル・グループ」1.ビートルズ 2.ローリング・ストーンズ 3.モンキーズ













「Song Cycle」は、日本では1968年に発売されたヴァン・ダイク・パークスのデビュー・アルバムです。参加ミュージシャン・スタッフはLAの一流どころ「ハル・ブレイン」「ジム・ゴードン」「トミー・テデスコ」「ランディ・ニューマン」「アール・パーマー」「ジェイ・ミグリオリ」「ブルース・ボトニック」等。

簡単にこのアルバムを言うならば"遊園地"や"サーカス"で流れるような音を奇想天外にキラキラ(中高音域に特徴がある)した万華鏡のように美しくコラージュされた音の組み合わせ。

こう書くと「あぁ」と思いつくかもしれません。「サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バント」「スマイリー・スマイル」そしてこの「ソングサイクル」歴史的名盤のこの3つのアルバムに共通するイメージです。

その中でも一番複雑で難解なハリウッド的な響きを持った微分積分職人芸の音なのです。要するにポップスのコード進行とテンポで、クラシックの変調パンク。しかも、これがヴァン・ダイク・パークスしか出来ない芸当だったりする訳で。

ヴァン・ダイク・パークスの初期の3作品「Song Cycle」「Discover America」「The Clang of the Yankee Reaper」はまさに傑作と言えます。
大滝詠一のナイアガラ初期のアルバムには、ヴァン・ダイク・パークスの影響が大いにあり、フィル・スペクター→大滝詠一と言うのは、あくまでも後追いであって、リアルタイムには、バッファロー・スプリング・フィールド→バーバンク→ニューオリンズ・サウンドへの傾倒であると考えています。

個人的には2ndアルバムの「Discover America」が私は一番好きです。

また、はっぴいえんど(松本隆/大滝詠一/細野晴臣/鈴木茂)の3rd.「HAPPYEND」(1973年)はLAで録音され、名曲「さよならアメリカ、さよならニッポン」は、ヴァン・ダイク・パークスのプロデュースであることは周知の如く。そして、細野晴臣の『泰安洋行』はヴァン・ダイク・パークスの2ndアルバム「Discover America」に完全にインスパイヤーされた作品と言えるでしょう。

パレード
パレード
[パレード,parade]
My Baby Loves Lovin'
My Baby Loves Lovin'
[White Plains]
Meet Triste Janero
Meet Triste Janero
[Triste Janero]


このアルバムが何故売れなかったのか、それはすぐに分かります。流石奇才と言われるだけあって・・一般的なポピュラー性(安定感)がありません。聞き慣れない間合いの音の入れ方だったり、一曲の中でコロコロと場面転換があるのです。このアルバムはトータルコンセプト・アルバムの類に入るのですが、それでも一曲の短いスタンスの中でアイデアが目一杯散りばめられ、目まぐるしくキラキラしてます。

普通、音楽と言うのはゆったり落ち着かせる為に聞きたいか、気持ちを高揚させる為に聞きたいかでしょう。この複雑に重ねられた分厚い音は"挑戦的"なのです。ゆったりとソファに座って聞いているのではなく、教室の硬い椅子で先生の講義を聞いていて、何時指されるか"謹聴中で緊張中"みたいな感覚です。何度も聞いて慣れればそんな事は無いんですが、そんな教科書みたいなモンがバカバカ売れるわけがありません。

現代で言うとXTCのアンディ・パートリッジに匹敵するかと。癖になってしまうんですよ・・・それが。ヴァン・ダイク・パークスと言う音楽の時間が。
10点満点の10でしか有り得ない。聞きまくりましたから。



今では何時でも買えて聞けるようになりましたが、こう言うアルバムは、誰にも教えずひとりで、こっそり聞いていたいです。昔のように友達にお勧めたら、
「お前・・へん!!」と言われた頃が懐かしい。

そう、結論は変なアルバムなんですよ。

持っていて損は無いと言いますが、別に持って無くても損はしないです。
なんと言っても歴史的名盤ですから。

こんなアルバムを推薦する奴の気が知れない。
あくまでもMusician's musicianですから、マニアとコレクターにそこはお任せしておきましょう。しかし、試聴して気に入ったんなら、迷わず買われる事をお勧めします。(薦めちゃったよ。おい!!)

もっと知りたい方は専門の研究者がネットにも沢山いらっしゃいますので、検索で。

どちらかと言うとヴァン・ダイク・パークス自身のアルバムを聞くよりも、彼がプロデューサー・アレンジャーとして参加したアルバムの方が聞き応えがあり、すんなりと「あぁ。いいなぁ」とヴァン・ダイク・パークスの音に入っていけるとは思います。

ヴァン・ダイク・パークスと言うミュージシャンは、音楽界へ多大なる影響を及ぼした本当に重要なキーマンである事は揺るぎの無い事実です。



ソングサイクルから「Donovan's Colours」

↑接続の都合か?再生できないときがあるようです。何度か[PLAY]押してみてください。
ネットでヴァン・ダイク・パークスの動画を探したのですが、フルで聞ける適当なモノがありませんでした。

Amazonで数曲は試聴出来ます(聞くのはPalm Desert)のみでも良いと思います。またワーナー・ミュージック・ジャパンでも試聴可能です

Song CycleSong Cycle
1. Vine Street
2. Palm Desert
3. Widow's Walk
4. Laurel Canyon Blvd
5. All Golden
6. Van Dyke Parks
7. Public Domain
8. Donovan's Colours
9. Attic
10. Laurel Canyon Blvd
11. By the People
12. Pot Pourri
Amazonで詳しく見る

ヴァン・ダイク・パークス/ソング・サイクル ワーナーミュージック・ジャパン

broadcasted in September 1996.ra (要Real player /英語 ヴァン・ダイク・パークス特集、インタビュー有り)45分

幸介からのメッセージ
その昔、アナログ盤にはじめて針を落としたときの驚き。それは、CDになった今もまったく変わらない。《凛としたラリパッパぶり》とでも言えばいいのだろ
うか。この隙のないサイケデリックな音像には、いつも頭をクラクラさせられる。

過去90日間に書かれた、van dyke parksを含む日本語のブログ記事
テクノラティ グラフ: キーワード「van dyke parks」に関するグラフ


ソフトロックとは。

ロジャー・ニコルズ、パレード等へのアマゾンへのリンクをした時に、そう言えば、ここら辺はバーバンク・サウンドでは無く、ソフト・ロックかなと思って改めて「ソフトロック」について検索をかけてみました。それで、あちこち見たんですが、大体ウィキペディアの説明を引用されている所が殆どでした。それでこのウィキペディアの解説なんですが・・・・大体はそうだろうなとおもうんですが。

日本での「ソフトロックをめぐる歴史」の項・・これはちと違うかなと。
ソフトロック - Wikipedia
日本では、東芝音楽工業(現在のEMIミュージック・ジャパン)から当時リリースされたハーパース・ビザールやアソシエイションのアルバムに「ソフト・ロックの王者」「ソフト・ロックのチャンピオン」などのキャッチフレーズが付けられていた。当時の担当者の談によると、「自然発生的に流通しており、それを拝借した」という。だが日本でも世界でも、文化的ムーブメントもなく、以降もこの言葉が定着することはなかった。

1980年代なかばから、フリッパーズ・ギターやピチカート・ファイヴの小西康陽などの渋谷系アーティストがこの方面のレコードを取り上げ、影響下にある作品を発表。また『ソフト・ロック―Soft rock A to Z』を発行した音楽誌「VANDA」がこのジャンルを取り上げ、再評価、レコードの再発売が進んだ。ソフトロックという名称も以降、定着化し、現在に至る。

なお、この「ソフトロック」ムーブメントは、日本先行であり、大手レコード会社、インディーズ・レーベルを問わず、日本発の世界初CD化の例も多い。

以下、この日本での「ソフトロック」の定義で、項目を起こすことにする。

まず、「ソフトロック」と言う言葉は日本先行である事は、多分そうでしょう。
しかし、
「渋谷系のアーティストがこの方面のレコードを取り上げ」→雑誌が取り上げ→定着した?
ん・ん・ん?
(別に取り上げなくてもカーペンターズや、バート・バカラック、フィル・スペクターの門下生やエンジニアを追いかければ、おのずと、そこに行き着くと思いますが・・もっと早い時期に。)
ソフトロックと言う言葉の発祥としてはこれは違いますね。
私が知る限りでは、1980年代初頭(いや1978年。輸入盤屋に通いだした頃)には、既にこの言葉は使われていました。私は東京人では有りません。九州ですし。
80年代初頭と言うのは、あたらし物好きのレコードコレクターやマニアは、全国でもまだ数が少なかった輸入盤屋に通っていました。そこで、まだ日本未発表のアルバムをいち早く見つけたり、カット盤(レコード・ジャケットの端をハサミで三角に切り、それを目印として廉価版として売る)の中に貴重盤や古い未発表盤を見つける事が常でした。その為もあって、当時の輸入盤屋は、細かくジャンル分けしていたんです。「ソフトロック」という言葉は、輸入盤屋が区分けの便宜上作った言葉です。
「ソフトロック」とは、1960年代後半~ウッドストック終了後70年くらいまでの、ほんの短い数年の期間に作られたバカラックとバーバンクの中間の音を指すと思います。中間の音と言うのは、どちらかに寄っている音だからです。(参加ミュージシャンがその筋だったりします)それだけ、ソフトロックの定義は曖昧です。だだ、ソフトロックの代表は?と、聞かれるとバカラック次世代としてヒット作を持つ「ロジャー・ニコルズ」と「ポール・ウィリアムス」あたりではと思います。基本的にポップスやロックのカバーが多く、サウンドの作り方(又は、コーラス・ハーモニーを駆使する"毒が無い白人的ポップス"と総称できるかな)の問題なので「ソフトロック」と言う狭い範囲の言葉をウィキペディアで定義する事はないと思うんですが。もっと言えば、「ソフトロック」などと言うジャンルは存在しません。一部のマニアの間での通称に過ぎない。無理やり位置づけるなら「フラワー・ミュージック」と同じような、一過性のブーム用の言葉と考えたほうが分かりやすいと思います。もっと書きたいんですが、当時の資料を戸棚のあちこちから、引っ張り出すのが面倒なんで、このへんで。

ロジャー・ニコルズが聞ける所を探したんですが、適当な所が有りませんでしたので、私のCDから出しました。↓名曲です。この一曲だけで虜となりますよ。

Don't Take Your Time/Roger Nichols & The Small Circle Of Friends
boomp3.com


それにウィキペディアの「ソフトロックのおもなアーティスト+プロデューサー」の項に上げられている人が、

(ブライアン・ウィルソン)
ゲイリー・アッシャー
ブルース・ジョンストン
テリー・メルチャー
カート・ベッチャー
ヴァン・ダイク・パークス
レニー・ワロンカー
ハーパース・ビザール
アソシエイション
ハーパース・ビザール
サジタリアス
ミレニウム
ロジャー・ニコルズ
ポール・ウィリアムズ
フリー・デザイン
サークル
バート・バカラック
ブレッド


うーん。そんなアホなぁ~。
スポンサーサイト

ブックマークに追加する





ブログパーツ
記事編集 [ 2008/02/08 08:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL

最近の記事
この動画を観ました。
[対応動画サイト]
*YouTube*ニコニコ動画 *GoogleVideo*AmebaVision *Stage6*Dailymotion
BOOKMARK
RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。