きゃらめる*ぱぱは、無料映画をyoutube・ニコニコ動画・dailymotion・veoh・guba・youku・mofile・pandra.tv等、 画像をFlickr等から紹介!インターネットの話題を綴るブロクです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマークに追加する





ブログパーツ
記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【映画】カラヴァッジオ / 光と影の画家 



この映画は「ニコニコ動画」にUPされています。
浮浪者や娼婦をモデルに聖者を描いてきた、イタリア・ルネッサンスにおいて最も異端に生きた画家カラヴァッジオは、今まさに40年の生涯を終えようとしている。神の祝福を受けた美貌と天賦の才能。そして悪魔に魅入られたかのような数奇な運命。死の床に就く彼の脳裏を、同性愛、暴力、殺人、逃亡、そして愛と憎しみの様々な思い出がよぎっていく…。 1986年のベルリン国際映画祭での銀熊賞受賞を始め、ジャーマン作品の中で最も高い評価と観客動員を得た傑作。
View most interesting 'caravaggio' photos on Flickriver
〈感想〉
17世紀のバロック絵画の巨匠のひとりとされる光の画家"カラヴァッジオ(本名:ミケランジェロ・メリージ Michelangelo Merisi/1573-1610/イタリア)"の生涯を描いた映画「カラヴァッジオ」1986年にベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した作品です。
この時代に「キアロスクーロ」の技法で(代表として上げられる画家は、ダ・ヴィンチ、カラヴァッジオ、レンブラント、ラ・トゥール、ルーベンス、ヴェラスケス、フェルメールあたりです)、光と影の劇的に描いてきた写実的画家としては、"レンブラント"の方が断然好きなのですが(カラヴァッジオの絵は色彩にしても陰影にしても強烈過ぎて、時として観てすぐに満腹になる)この映画はカラヴァッジオの絵画手法を忠実に再現した場面もあり、かなり貴重だとおもいます。特に蝋光とレフ板使用には「あっ!?・・・・」と、驚かされました。また、監督であるデレク・ジャーマンの撮影が「賞賛」という言葉が陳腐に思えるほど素晴らしすぎる。全ての場面はキャンバスに絵画的構図をなぞって描くように美しく流れてゆく。統一された柔らかく豊かな色彩が全体を「透明な静寂」が包み込んでいる。見所はこれに尽きる。ストーリーは、エンターテイメントな作品ではないので、書くほどたいしたものでは無い。眠い。と言うよりも聖書からの引用が多いので(多分)、日本人には分かりづらい気がします。この時代に「タイプライター」や「電卓」が出てくるようなバンキッシュな所あり(なんぞ。これ)下記あらすじは「goo映画」より。

あらすじ
1810 年、ミラノ近郊のカラヴァッジオ村で生まれた画家ミケランジェロ・メリシ・カラヴァッジオ(ナイジェル・テリー)は、トスカーナ地方のポルト・エルコーレの簡素な部屋に横たわり、死を待っている。故郷を離れ、長い逃亡生活を送ってきたカラヴァッジオは、40歳を迎え、荒れた生活の痕跡がその顔に刻まれている。彼の脳裏に様ざまな思い出が横切ってゆく。少年カラヴァッジオ(デクスター・フレッチャー)は、ローマに移り住み、道端で絵を描きながら、わずかな収入で食をつないでいた。貧困から病気になった彼は、入院先で枢機卿デル・モンテ(マイケル・ガウ)の訪問を受ける。カラヴァッジオの絵に魅せられた枢機卿は、自分の館に彼を引きとることにする。枢機卿の庇護のもとにカラヴァッジオは腕を研き、ついにローマの聖ルイ・フランス教会から公式の作品依頼を受ける。『聖マタイ伝』の連作である。製作は難航した。ある日、彼は、若い賭事師ラヌッチオ・トマソーニ(ショーン・ビーン)と出会い、彼をモデルに絵を描いた。ラヌッチオの愛人で美しい売春婦のレナ(ティルダ・スウィントン)も描いた。そんなある日、賭事から争いが生じ、カラヴァッジオはラヌッチオにナイフで刺されて傷を負う。ふたりの男とひとりの女を結ぶ関係は、この事件で深まっていくのだった。やがて、カラヴァッジオは、高名な銀行家マルケーゼ・ヴィジェンゾ・ジュスティアーニ(ナイジェル・ダヴェンポート)の依頼を受け、「エロス」を描く。彼はジュスティニアーニの豪華なパーティにラヌッチオとレナを連れて行く。その席で、レナは、法王の甥でローマの政治的権力者ビオーネ・ボルゲーゼ枢機卿(ロビー・コルトレーン)に紹介され、ボルゲーゼは、レナに心を奪われる。悲劇の幕はカラヴァッジオがレナをモデルにマグダラのマリアを描いていた時に訪れた。ポーズを取るレナは、ラヌッチオとカラヴァッジオに、ボルゲーゼを誘惑するという策略を打ちあけた。数日後、レナはテベレ川で溺死体で発見され、ラヌッチオは容疑者として逮捕される。一方、カラヴァッジオは、愛人ラヌッチオが投獄されている間釈放に奔走した。釈放されたラヌッチオはカラヴァッジオの前に現われ、自分こそ真犯人であることを告げる。怒ったカラヴァッジオは、ついにラヌッチオを刺し殺すのだった。


カラヴァッジオは、イタリアの10万リラ紙幣のモデル(50万リラが「ラファエロ」)としても有名な人ので、この映画はカラヴァッジオを知る上で一見する価値はあると思います。しかも、これが「ニコニコ動画」にUPされているとはぁ。しかもしかも、UP主が直接コメント欄で日本語に訳してる・・・。
この映画でカラヴァッジオはゲイとして描かれているけれど、(あっ、全体的にそう言う映画なので注意)私が知る限りでは売春婦をずっと愛人にしてきたと思っていました(勘違いなのかな)・・・暇なときに個人的にネットで検索してみましょう。
しかし、ネットで観ると容量の問題が嵩になって、本当に画質が悪いです。しみじみ感じます。この作品はアマゾンで買うことにしました。と、思ってアマゾン見てみたら既にプレミアがついてました。買えねぇぇ。
映画を観る前に予備知識を入れておいた方がより楽しめると思います。
カラヴァッジョ(カラヴァッジオ)-主要作品の解説と画像-
カラヴァッジョ Caravaggio | 1573-1610 | イタリア | バロック
徹底した写実性と劇的な明暗対比や感情表現で、後にあらゆるバロック期の画家に多大な影響を与えたと言われるイタリアバロック絵画最大の巨匠(本名はミケランジェロ・メリージ Michelangelo Merisi)。しかしその強烈すぎた表現は品位に欠けるとして非難を浴びることも多々あった。また画家として名声を得ていたカラヴァッジョは1606年、35歳の時に喧嘩で一人の男と決闘、相手を刺し殺しローマから逃亡。殺人犯として追われる身となったが、逃亡先のマルタ共和国で『洗礼者聖ヨハネの斬首』を描き、これが認められ教皇より罷免される。しかし一年も経たずして再度些細なことで決闘し投獄される。一度は脱走を試みるも、数日後に逮捕、同作品の目前で斬首刑を宣告される。享年38歳。

〈感想おわり〉


カラヴァッジオ作品集



カラヴァッジオ
カラヴァッジオ
ナイジェル・テリー ショーン・ビーン デクスター・フレッチャー

関連商品
King Arthur and the Knight
トムとトーマス
炎の英雄 シャープ~新たなる挑戦~












予備Caravaggio(youtube字幕なし版1/12)



カラヴァッジオ関連記事

ミケランジェロ・メリージ - Wikipedia
カラヴァッジオの自然主義的芸術観は、もちろん部分的ではあるが、彼の生誕地であり芸術形成を行った北イタリアのロンバルディア地方の重要な絵画環境からきている。彼の一家はミラノ近郊のカラヴァッジオという村の住人で、彼自身も幼少から青年期をそこで過ごしたためこの通称となった。父親は早くに亡くなったが、石造建築の親方であったらしく、暮らしにはあるていどのゆとりがあったようだ。少年期に彼は、後期マニエリスム様式の画家の工房に師事し、20歳頃までこの村の工房で暮らしていた。したがって彼の絵の修行はロンバルディアでなされていたのであって、だからこそ彼はロンバルディア地方特有の芸術表現といえるリアルな細密描写を会得していたのである。もっとも、彼はその限界をはるかに超えて劇的に発展させていくことになる。 聖マタイの召命 1599年-1600年 サン・ルイジ・デイ・フランチェージ聖堂(ローマ) 聖マタイの召命 1599年-1600年 サン・ルイジ・デイ・フランチェージ聖堂(ローマ) 果物籠 1596年-1597年 アンブロジアーナ絵画館(ミラノ) 果物籠 1596年-1597年 アンブロジアーナ絵画館(ミラノ) その後、カラヴァッジオはローマに移り、画業を始める。彼の描いた革新的な宗教画は教会において物議をかもしたが、裕福な人々は彼の作品の劇的な構成力を評価し、独創性を認めた。艶のある画風が時には同性愛者に彼の作品を求めさせることもあった。 カラヴァッジオは『聖母の死』、『聖マタイの殉教』など数多くの宗教画を描いたことで知られている。その特徴は画面の明暗の差が激しい宗教画としては極めてドラマチックな作風にある。また人物モデルに当時のローマの市井の人々を起用し、目に見えるものを見たまま画布に細密に描くという徹底したリアリズム表現を行った。彼はデッサンや習作を描くということをほとんどしなかったとみられ、現存していない。 また制作にあたって彼は意図する構図どうりにモデルを配置し、現在の写真や映画撮影のようにレフ板のような物で強烈な光を当てて、描いていたと推測される。 彼は数多くの逸話を残している。 例えば『聖母の死』では、注文主の教会が「聖母マリアのお眠り」というテーマで描くよう依頼したにもかかわらず、カラヴァッジオは単なる横たわる女の骸として生々しく描いている。一説によると、自ら身を投げた女の死体をモデルに克明に描いたと言われている。そのため、事実を知った教会は祭壇を飾る絵としてふさわしくないという理由で受け取りを拒否する。しかし、画面に描かれたマリアの周りの人々の繊細な表情やもう1つの主役の強烈な光と陰は、大切な人を失った人間の悲しみを劇的なまでに強調している。 画家としての評価が高まる一方、残念ながら非難されるべき犯罪を引き起こしている。 彼は激情型の性格の持ち主で、アトリエを離れれば腰に剣を提げ、酒場でしばしば騒動を引き起こした。 喧嘩は日常茶飯事で、逮捕されたことも1度や2度ではなかった。挙げ句の果てに1606年にはとうとう些細なトラブルから知人を刺し殺してしまい、ローマを追放される身となった。  当時スペインの飛地であったナポリへ移るが名声は衰えず、増え続ける製作依頼に追われていた。しかしその数カ月後には、さしたる理由もなくマルタ島へ放浪。マルタ島で幾つかの油彩を制作するが、ここでも暴力沙汰を起こして投獄される。脱獄に成功した彼はシチリアへ逃れ、聖堂から複数の制作依頼を受けている。 ローマへ戻る許しを求め続けていたカラヴァッジオのもとへは、ローマ教皇の特赦状を携えた使者が向かっていたが、彼はこれを受け取る前に腸チフスかマラリアに倒れた。そして2度とローマの地を踏むことなく、1610年、劇的な生涯の幕を閉じた。 1986年にはイギリスの映画監督 デレク・ジャーマンが、彼の生涯や創作スタイルを描いた映画 『カラヴァッジオ』を制作。ベルリン映画祭で銀熊賞を受賞したこともあり、カラヴァッジオことミケランジェロ・メリージの絵画を多くの人が知るきっかけとなった。

カラヴァッジオ Caravaggio (バロック) 主題と解説、画像
ルネッサンス以降、その多大な影響力から抜け出せずにいた絵画世界に、新しいスタイルを確立して行ったのが、カラヴァッジョである。いったい何が新しいのか。それは光と影の劇的な使い方であり、現実的で、精神的な写実性である。「発展ではなく革命によって進んだ最初の画家」と言われる。1620年代くらいまでは、高い評価を得ていたが、17世紀後半から19世紀まで、否定的な評価が下されていた。理想を追う古典主義が主流だったからである。伝統に反逆する写実主義の画家というイメージは、クールベ以降に現れたのである。

CARAVAGGIO HOME PAGE
このホームページはイタリアン・バロックの画家 CARAVAGGIO(カラヴァッジォ/カラヴァッジョ) を紹介しています。

┴cinemum┘カラヴァッジオ
ルネサンス後期のイタリア人画家ミケランジェロ・カラヴァッジオ(1573?~1610年)は、現代ではバロック様式の大家として知られているが、生前はその革新的な宗教画(聖母や聖者のモデルにローマの貧民たちを用いた。)が教会に非難され、受け取りを拒否されるなどの問題も起きた。絵には真摯だが、社交面ではだらしない闘争的な性格だったといわれ、1606年に賭博の金をめぐって殺人を犯し、ローマから逃亡。1610年に免責を願って再びローマへ戻る途中、マラリアをわずらい30代の若さで亡くなった。  この映画は、従来の伝記が伝える無法者の天才画家というイメージをくつがえし、1606年の殺人事件を賭博のトラブルではなく、バイセクシャルの純愛の悲しい結末として脚色する。

インサイド:カラヴァッジオ
カラヴァッジオの劇的な人生に、デレク・ジャーマン(以下、DJ)なりのひとつの解釈を試みた映画。  ヴェネツィア国際映画祭の銀獅子賞を受賞。ですが、カラヴァッジオの故郷・イタリアということもあって、この映画に対する評価は賛否両論だったそうで。  「カラヴァッジオを私物化している」と批判もされたそうですが、それも分かる気がします。

えかきのき・若き日のカラヴァッジオ
カラヴァッジオは、ミケランジェロ・メリージと呼ばれていた。美術史上、彼を超えるような絶対的な評価をあたえられた芸術家というのもそう多くない。もしカラヴァッジオについて、評論者のあいだで議論がわかれるとすれば、カラヴァッジオがその作風を形成したはずの、若い頃の推移についてだろう。 おなじ北イタリアで、やはりおおきな軌跡を残した夭折の天才画家ジョルジョーネと、その一派に影響を受けているのか?あるいは、1500年代最後の20年間のロンバルディア地方(ミラノを中心とする地方)の文化にくみしているのか?または、ローマに象徴される文化の具現者なのか。それとも北イタリア文化の改革者だったのか?

@nifty:CINEPLEX@nifty : デレク・ジャーマンって何者?
映画監督/画家/詩人/舞台美術家 デレク・ジャーマン年表 1949年 1月31日ノースウッド生まれ。母はインドの植民地で育ち、父はニュージーランド生まれの英国空軍の軍人だった。 1960年 ロンドンのキングス・カレッジに入学、英国史と美術史を専攻する。 1964年 アメリカ旅行後、スレイド美術学校に入学、舞台美術の研究室に出入りするようになる。 1968年 ロイヤルバレエ団の『ジャズ・カレンダー』の舞台衣装、オペラ『ドン・ジョバンニ』の舞台美術を担当する。 1969年 最初の個展をリッスン・ギャラリーにて行う。 1971年 ケン・ラッセル監督の『肉体の悪魔』の美術を担当。 1972年 ケン・ラッセル監督の『狂えるメサイヤ』の美術を担当。 この頃からスーパー8で映画を撮り始める。 1975年 最初の長編映画『セバスチャン』を監督。 1977年 『ジュビリー』 1979年 『テンペスト』 1980年 『イン・ザ・シャドウ・オブ・ザ・サン』『イマジニンング・オクトーバー』など多くの短編作品を84年頃まで製作する。またペインティングの活動も再開し、個展もいくつか開催される。 1984年 「ダンシング・レッジ:DancingLedge」を出版(アップリンク刊・予定) 1985年 『エンジェリック・カンヴァセーション』 1986年 『カラヴァッジオ』 1987年 『ラスト・オブ・イングランド』 「ラスト・オブ・イングランド:TheLastOfEngland」(フィルム・アート社刊) 1989年 『ウォー・レクイエム』 1990年 『ザ・ガーデン』 1991年 「モダン・ネイチャー:ModernNature」(キネマ旬報社刊) 1992年 『エドワードII』 1993年 『ヴィトゲンシュタイン』 『BLUE』 「FreezeFrame」(アップリンク刊) 1994年 「クロマ:Chroma」(アップリンク刊・予定) 2月19日、聖メアリ病院にて死去。 1995年 「DerekJarman'sGarden」

カラヴァッジオの生涯-1 人生の謎学/ウェブリブログ
1571年9月29日、ベルガモ近郊にある村で、ミケランジェロ・メリージは誕生している。父は、カラヴァッジオ侯爵フランチェスコ1世スフォルツァに仕えるマギステル(装飾・建築士)だったが、息子の幼年時代に流行したペストによって命を落とす。母ルチア・アラトーリは、父フェルモの2番目の妻だった。

Nikon | 光と人の物語 | “光”を描いた画家たち ~数理で見る名画~
色彩は光によって生まれる。そしてまた、色彩によって画面上に光を表現することもできる。科学で解明された色彩の力を、もっとも熱心に学んだのは画家たちかもしれない。コンピュータサイエンスが進んだ今、絵画を数理工学で分析する方法が開発されている。芸術を科学の目で見ることに抵抗がある人も、新たに明らかになる名画の威力に驚きを覚えるだろう。



画家を描いた映画
赤い風車
ファーストトレーディング
ピーター・カッシング(俳優)ジョン・ヒューストン(監督)クリストファー・リー(俳優)ホセ・ファーラー(俳優)シュザンヌ・フロン(俳優)コレット・マルシャン|ジョン・ヒューストン|ジョン・ヒューストン(俳優)
発売日:2006-12-14
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:22550
おすすめ度:4.5
おすすめ度4 名優J・ファラーの迫力ある演技に堪能
おすすめ度5 色彩が最高。
炎の人ゴッホ
ワーナー・ホーム・ビデオ
カーク・ダグラス(俳優)ジェームズ・ドナルド(俳優)アンソニー・クイン(俳優)ヴィンセント・ミネリ(監督)
発売日:2007-01-26
発送時期:通常1~2週間以内に発送
ランキング:27898
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 ホント、ソックリ
ミステリアス・ピカソ ~天才の秘密
紀伊國屋書店
パブロ・ピカソ(俳優)クロード・ルノワール(俳優)アンリ・ジョルジュ・クルーゾー(俳優)
発売日:2006-01-28
ランキング:11692
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 豪華競演
華麗なる激情 スタジオ・クラシック・シリーズ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
チャールトン・ヘストン(俳優)レックス・ハリソン(俳優)ダイアン・シレントー(俳優)キャロル・リード(監督)
発売日:2007-03-02
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:17780
北斎漫画
松竹ホームビデオ
緒形拳(俳優)新藤兼人(監督)西田敏行(俳優)田中裕子(俳優)樋口可南子(俳優)乙羽信子(俳優)フランキー堺(俳優)
発売日:1995-11-18
ランキング:1275
マルメロの陽光
紀伊國屋書店
ビクトル・エリセ(俳優)アントニオ・ロペス・ガルシア(俳優)マリア・モレノ(俳優)エンリケ・ゲラン(俳優)
発売日:2002-09-21
ランキング:49923
おすすめ度:4.5
おすすめ度4 ボイコット!
おすすめ度5 大切な映画。
おすすめ度1 早送りしながら・・・
おすすめ度5 豊壌にして古典的で、ある意味とても正統な作品
おすすめ度4 静かな緊張
バスキア
パイオニアLDC
ジェフリー・ライト(俳優)デヴィッド・ボウイ(俳優)デニス・ホッパー(俳優)ゲイリー・オールドマン(俳優)ジュリアン・シュナーベル(監督)
発売日:1999-03-05
ランキング:70712
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 アートの勉強になった
おすすめ度2 うーーむ
おすすめ度4 芸術家
おすすめ度4 ボウイが
おすすめ度5 Willie Mays?
フリーダ【廉価2500円版】
アスミック
サルマ・ハエック(俳優)アルフレッド・モリーナ(俳優)アントニオ・バンデラス(俳優)エドワード・ノートン(俳優)ジェフリー・ラッシュ(俳優)ジュリー・テイモア(監督)ヘイデン・エレーラ(原著)
発売日:2007-03-02
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:19395
おすすめ度:4.0
おすすめ度4  鮮やかな色彩の、良い意味での通俗的映画
真珠の耳飾りの少女 通常版
メディアファクトリー
スカーレット・ヨハンソン(俳優)コリン・ファース(俳優)キリアン・マーフィ(俳優)トム・ウィルキンソン(俳優)ピーター・ウェーバー(監督)オリビア・ヘトリード(脚本)
発売日:2005-01-14
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:1196
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 今年も日本にやってくるフェルメール、彼の絵画が好きな方にはお勧めかも
おすすめ度5 蘇らせた17世紀オランダの光と影
おすすめ度5 美しい
おすすめ度5 カラーが本当に美しい
おすすめ度5 映画ってこうあって欲しい
ニキフォル 知られざる天才画家の肖像
ジェネオン エンタテインメント
クリスティーナ・フェルドマン(俳優)ロマン・ガナルチック(俳優)イエジ・グデンコ(俳優)クシシュトフ・クラウゼ(監督)
発売日:2007-11-09
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:12126
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 愛すべきニキフォル
アダン ADAN
紀伊國屋書店
榎木孝明(監督)五十嵐匠(俳優)古手川祐子(出演・声の出演)木村文乃(俳優)村田雄浩(出演・声の出演)加藤剛(俳優)中村嘉葎雄(出演・声の出演)松山善三(俳優)犬塚弘(俳優)
発売日:2007-05-26
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:47489
クリムト デラックス版
ジェネオン エンタテインメント
ジョン・マルコヴィッチ(俳優)ヴェロニカ・フェレ(俳優)サフラン・バロウズ(俳優)ニコライ・キンスキー(俳優)スティーヴン・ディレイン(俳優)ラウル・ルイス(監督)
発売日:2007-04-25
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:3628
おすすめ度:2.5
おすすめ度3 せっかくのクリムトなのに凡作
おすすめ度2 もっと普通の伝記ものが見たかった
おすすめ度1 知ってます? クリムト?
おすすめ度4 これぞ、クリムトの世界!

カラヴァッジオをPHOTOSHOPでスピード模写

Caravaggio - documentary by Robert Hughes (1975) 1 of 7

スポンサーサイト

ブックマークに追加する





ブログパーツ
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL

最近の記事
この動画を観ました。
[対応動画サイト]
*YouTube*ニコニコ動画 *GoogleVideo*AmebaVision *Stage6*Dailymotion
BOOKMARK
RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。