きゃらめる*ぱぱは、無料映画をyoutube・ニコニコ動画・dailymotion・veoh・guba・youku・mofile・pandra.tv等、 画像をFlickr等から紹介!インターネットの話題を綴るブロクです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマークに追加する





ブログパーツ
記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【無料映画】人間的ダークヒーローの誕生/ 「悪夢探偵」 

akumu_image02
し・しまった。なんの情報もなしに観てしまった。先入観が待ったく無いと何が起きるのか楽しい。『悪夢探偵』というくらいだから江戸川乱歩の作品イメージで、明智小五郎みたいなものではないかと勘違いしてました。松田龍平、hitomi主演。歌手のhitomiの名が。彼女はこれが映画ヒロイン初主演。それも警察キャリアの役回り、なるほど、面白い配役。だけど演技は期待できないかと。『悪夢探偵』は塚本晋也の小説、および2007年1月13日公開の日本のスリラー映画。塚本晋也監督の10作品目。ホラー要素たっぷりのスリラーでしょう。深読みしながら観ると相当面白いです。所謂、分かりにくい比喩みたいな部分も多々あり、それを独自でひとつひとつを場面で解釈し納得させながら観ていくと、うーん。「そうか!」と唸ります。前半の突拍子なストーリー展開は徐々に心配になっていきます。そこまでストーリーを飛躍させると後が続かないぞぉ~と、これを、どういう風にまとめるつもりなんだーっと。ああ。きっとラストの落ちはガッカリするんだろーなと。「SAW」の陰湿な地下室のシアン色気味のイメージが全編を通して流れている感じ。そして、「アナザーヘブン」と「ナイトヘッド」を足して2で割ったようなストーリー展開。塚本作品で言えばすこし違うかも知れないが「鉄男」「双生児」とか。黒澤清の「CURE」「エルム街の悪夢」系? 松田龍平はこういう暗い狂気的な鬱な役にはまります。ここで改めて思うのは、大島渚が「御法度」での松田龍平の使い方。如何に俳優を生かしていたかということですね。しかし、なんとまぁ美しきかな松田龍平と言うオーラがある男は。この映画、Cool過ぎて松田龍平、hitomiに感情移入が出来ません。その理由は簡単で「httomiは口が動くだけで表情にバリエーションが無い。お前は人形か(後半除く)なのに出番多すぎ」のと、ふたりとも「つり目、つり眉毛」だからです。きっぱり。

塚本晋也 - Wikipedia
塚本晋也読本―普通サイズの巨人 (キネ旬ムック)CF製作会社入社。ディレクターとして4年間勤める。 退社後「海獣シアター」を再結成。3本の芝居を興行。自ら製作、監督、脚本、撮影、美術、編集から主演までこなす才人。 中学時代から映画撮影を行い、1988年、『電柱小僧の冒険』でPFFアワードのグランプリを獲得。翌1989年、制作費1000万、4畳半のアパートで廃物のSFXと少数のスタッフで制作された『鉄男』が、ローマ国際ファンタスティック映画祭のグランプリを受賞。一般公開一作目にして国際的な評価を獲得し、後の海外映画祭における多数の新世代の日本映画評価への先鋒となった。

松田龍平 - Wikipedia / hitomi - Wikipedia

ストーリー
ある日、少女と中年サラリーマンの惨殺死体が立て続けに発見される。二人の被害者は自室のベッドの上で何者かに切り刻まれていた。事件を担当するエリート刑事・霧島慶子と同僚の若宮らは被害者が、「0」で表示される謎の人物と最後に電話をしていたことに気付く。やがて事件の鍵が“夢”にあると推測した霧島は、他人の夢の中に入る特殊能力を持つ悪夢探偵こと影沼京一の存在を突き止め、捜査の協力を申し出るが…。

Amazon.co.jp: 悪夢探偵 プレミアム・エディション: DVD: 松田龍平,hitomi,安藤政信,塚本晋也,大杉漣,原田芳雄Amazon.co.jp
2007年1月に公開された、松田龍平主演のカルトなダークヒーロー物語。原作は、本作の監督・塚本晋也による、同名の異色小説。共演にhitomi、安藤政信を迎え、危うげな人の心を垣間見ながら、謎めいた事件に翻弄される者の葛藤を描いてゆく。――巷間をにぎわす連続怪死事件の担当になったエリート刑事・霧島慶子(hitomi)。他人の夢に潜入できる能力を持ちながら、その力を厭う青年・影沼京一(松田龍平)。事件の被害者たちが、携帯電話に“0”と表示される人物と話していたことから、慶子は“0”が被害者たちに暗示をかけて、自殺に導いたのではないかと推理する。影沼に協力を求める慶子だが、逆に自らが抱える心の闇を覗くことになり…。不安を煽るような独特の存在感をもつ松田の、絶妙に抑えた演技が好もしい作品。(みき~る)


製作スタッフ

* 製作:ムービーアイ・エンターテイメント/海獣シアター/I&S BBDO
* 監督/脚本/撮影/美術監督/編集/プロデューサー/出演:塚本晋也
* プロデューサー:塚本晋也/川原伸一/武部由実子
* エグゼティブ・プロデユーサー:牛山祐二
* 脚本:塚本晋也/黒木久勝
* 撮影:塚本晋也/志田貴之
* 助監督:川原伸一/黒木久勝/林啓史/吉田光希/杉岡大輝
* 特殊メイク:織田尚
* VE:矢部光宏
* 照明:吉田恵輔
* 音楽:石川忠
* 録音:加藤大和
* エンディングテーマ:フジファブリック「青い鳥」 東芝EMI

[編集] キャスト
* 影沼京一:松田龍平
* 霧島恵子:hitomi
* 若宮刑事:安藤政信
* パンク少女:猪俣ユキ
* 肥枝田:村木仁
* 肥枝田の妻:ふせえり
* 関谷刑事:大杉漣
* ヤツ:塚本晋也
* 大石恵三:原田芳雄

悪夢探偵オフィシャルサイト

映画『悪夢探偵』を探偵する! 海から始まる!?/ウェブリブログ (キャスト・ロケ地等の周辺情報はここが一番詳しいです)
物語の構造自体は、『リング』や『着信アリ』とそう変わらないものだし、いろいろ曖昧にぼかされている部分、わからない部分、成功しているのか失敗しているのか判断がつかない部分もあり、また、エポックメイキングないくつかの作品のエッセンスを寄せ集めたような作品でもありながら、やはり面白いのは、見せ方にオリジナリティーとパワーが感じられるのと、一個の作品としてのまとめ上げ方のうまさでしょうか。


ここからネタバレを含みます。
大前提として、世の中の人の大部分が「死にたい願望」を抱えていると言うこと。そして携帯でナンバー「0」に電話するとヤツ(塚本晋也)の超能力で、悪夢によって殺されてしまう。松田龍平が演じる影沼は超能力で悪夢の中に入って助け出す(ここでは悪夢から開放してあげる)と言うことなんですが、まったくもって助けられません・・・なんという探偵 (実際は探偵ではなく、そういう能力があって2-3度。夢の中に入ってほしいと言う要望があった?)。そして、自分自身も過去の悪夢に苛まれ、自殺願望がある。暗い奴です・・・夢の中に入れる能力があるのに、なんで「悪夢」にしか入らないのか。あんたの超能力能力の使い方はひじょーーにもったいない・・。「楽しい夢」に入ればいいじゃねーか。と、突っ込みを入れながら。この頭脳明晰(探偵の代名詞のようなもの)と言い難い弱弱しい彼がいよいよ猟奇殺人事件の超能力者に挑む。

 

*登場人物のひとりひとりが、会話が噛み合うことがなく自分勝手に行動してる。
*hitomiの声が小さくて聞き取りにくい。密かに期待していた色っぽいシーンが無し・・・これは完全に裏切りです。悲しい。もう少し露出させましょう。と言うか。なんとか脱がせろ監督!! PG-12と言う事だけど次はR指定でもいいから。
*格闘シーンでの手ぶれカメラワークがひど過ぎて、なにをやってるのか分からん。
*監督がやってる犯人役が美味し過ぎ。いいとこ自分で持っていった。
*シリーズ化されると言うことで続編が楽しみです。第二弾は2008年公開。


「悪夢探偵」予告編 (あっ、いまタッチしました・・・)


鉄男~TETSUO THE IRON MAN~鉄男Ⅱ~TETSUOⅡ THE BODY HAMMER SUPER REMIX VERSION~ドグラ・マグラ人間椅子
2008年公開 悪夢探偵②のあらすじ
「夜な夜な見る悪夢を取り除いてほしい」。そう言って「悪夢探偵」こと陰沼京一(松田龍平)の元にやって来た、女子高生の雪絵。話によれば、毎晩彼女の夢にはなぜか同級生の菊川が現れては「怖い、怖い」とずっと震えていると言う。その菊川は実際にも異常なほどの怖がりでクラスでも浮いた存在、今は家に引きこもって登校拒否をしている。京一は雪絵の話を聞き、かつて「怖い、怖い」と全てのことに恐れ、幼少時に自殺してしまった自分の母親と菊川の間に共通点を見出し、彼女と接触を図るのだが、そこには思わぬ悲劇が待ち受けていた…。主演の松田龍平、塚本晋也監督が贈るスリラー・サスペンス『悪夢探偵』シリーズ第2弾。


Veohの規格により30分を超える動画については、冒頭の5分のみしかブラウザでは閲覧できません。「悪夢探偵」は1時間46分です。全編を観るためにはVeohへの会員登録と専用のアプリケーション「VeohTV」のインストールが必要です。インストールの仕方については下記のサイトを参照してください。

「VeohTV」とは。
veohとは - totowa トトワ
ITmedia News:テレビ感覚のビデオ閲覧ツール「VeohTV」登場
米Veoh Networksは6月20日、オンラインでのビデオ視聴に役立つ機能を搭載したアプリケーション「VeohTV」β版のリリースを発表した。 VeohTVを利用することで、FoxやCBSなどの大手テレビネットワーク、YouTube、Google Video、MySpace、Veoh.comなどが提供するビデオコンテンツを、テレビを見るのと同じ感覚で視聴できるようになる。 VeohTVをPCにインストールすると、画面上に番組ガイドが表示される。Fox、CBS、NBCといったチャンネル別に、コンテンツを閲覧することが可能だ。またキーワードで検索すると、Web全体からその言葉にマッチする動画が一覧表示される。お気に入り機能を使えば、見たい番組を定期的にダウンロードしたり、好きなビデオをダウンロード、お気に入りとして保管できる。

「VeohTV」インストールガイド
VeohTVのインストール | Veoh使い方ガイド - Veohの楽しみ方-
おサボり専用ブログ:VeohTV ダウンロード|VeohTVインストール方法

「悪夢探偵」本編 [Veoh]106分 / 楽天レンタルで「悪夢探偵」を借りよう


エロチック乱歩 movie trailer
YouTube - エロチック乱歩 movie trailer

楽天レンタルで「エロチック乱歩 人間椅子」を借りよう
エロチック乱歩 屋根裏の散歩者 完全版
アートポート
嘉門洋子(俳優)窪塚俊介(俳優)村木仁(俳優)永瀬ひかり(俳優)清水萌々子(俳優)三原光尋(監督)江戸川乱歩(原著)井土紀州(脚本)
発売日:2007-11-21
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:6566
おすすめ度:1.5
おすすめ度2 セミヌードで魅力もない
おすすめ度1 期待はずれ
 
エロチック乱歩 人間椅子
ジェネオン エンタテインメント
小沢真珠(俳優)板尾創路(俳優)辻修(俳優)佐藤圭作(俳優)江戸川乱歩(その他)松下順一(その他)武井彩(その他)宮地真緒(その他)
発売日:2007-10-24
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:6412
おすすめ度:2.5
おすすめ度2 タイトル
おすすめ度3 異常性愛…
 

楽天レンタルで「屋根裏の散歩者」を借りよう



関連記事
悪夢探偵 - goo 映画
ある日、少女と中年サラリーマンの惨殺死体が立て続けに発見される。二人の被害者は自室のベッドの上で何者かに切り刻まれていた。事件を担当するエリート刑事・霧島慶子と同僚の若宮らは被害者が、「0」で表示される謎の人物と最後に電話をしていたことに気付く。
NUMB 「悪夢探偵」
『ああ、いやだ、ああああ、いやだ、ああいやだ。』
テーマも映像もヘヴィで激烈、徹頭徹尾塚本晋也カラーの作品である。うっかりタイトルに騙されて軽いタッチの探偵物を期待して観ると裏切られるぞ、でもエンタメですからお間違いなくw
『悪夢探偵』松田龍平、hitomi単独インタビュー - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新
松田龍平、hitomi、安藤政信という異色のキャスティングと、塚本晋也監督のコラボレーションで描かれる『悪夢探偵』が2007年陽春に公開される。すでにクランクアップし、残るのはアフレコと、編集作業のみという最終段階に入った。父親、松田優作もテレビシリーズ「探偵物語」で探偵役を務めて人気を博していた松田龍平と、初めての本格的映画出演で堂々とした演技をこなし、塚本監督も絶賛しているhitomiに話を聞いた。
映画/悪夢探偵 映画作品情報 - cinemacafe.net
他人の夢の中に入れる特殊な能力を持った青年(松田龍平)。人々は彼のことを「悪夢探偵」と呼ぶ。しかし彼は、その力を望んではいなかった…。
悪夢探偵 - 映画鑑賞★日記・・・ - 悪夢探偵/松田龍平/hitomi/塚本晋也/ -映画/DVD
探偵というから、人の夢の中に入って事件解決!みたいなのを想像してましたが全然違ってた、、、
悪夢探偵 | ウーマンエキサイト シネマ(映画)
<ネタバレなしの映画評>ねこのひたい~絵日記室 『悪夢探偵』
京極夏彦の小説を映画化した『姑獲鳥の夏』で阿部寛が演じた探偵・榎木津礼二郎の持つヒトの過去が見えるという特殊な能力にも似た、ヒトの夢の中に入り込めるという不思議な能力を悪夢探偵クンは持っていますが、ただそれだけです。
『悪夢探偵』松田龍平インタビュー | ウーマンエキサイト シネマ(映画)
特殊な能力を持つ探偵を松田龍平が演じ、早くもシリーズ化が決定したサスペンス。ヒロインのエリート女刑事を、歌手のhitomiが映画初主演にして堂々と演じきっている。
wigglin' bloggin': 悪夢探偵
配役はちょっと関心できなかったというのが正直なところですが、まるで自分が拷問を受けているような感覚になってしまう表現は健在で一安心といったところです。他の作品に見られる血の匂いやむっとした湿度まで強烈に漂ってくるような画作りが薄れている気はしましたが。
レザボアCATs:#23.悪夢探偵 - livedoor Blog(ブログ)
普通だったら、とても憂鬱にならざるを得ないこのセリフなのに、あまりの演技の妙、面白さに、全てを忘れて松田龍平の持つその存在感の大きさに、圧倒される!ノメりこんでしまうと思いますよ。
シネマ名画座: 悪夢探偵
主人公の悪夢探偵を演じるのは松田龍平。実はそんなに出番が多くなく、また、主人公らしくかっこよく活躍するわけでもないアンチヒーロー。真っ黒のコートに身を包み、特異なキャラクターを怪演。どうして俺がこんな目に・・・という、やる気のない感じがぴったりです
悪夢探偵: 匂山人の ジンワリ ニンマリ
主人公の弱さと来たら半端ではない。凸した能力はあれど、それ以外は凹んだ人間である。コンプレックス、トラウマも多く抱え、自分の事すら半人前なのに、他人を救うなんてできる筈がない。そんな正義か非正義か中途半端な主人公がモタモタしているうちに、殺人はドンドンエスカレートして行く。
活動写真放浪家人生: 悪夢探偵
どこからこんな発想が生まれるのか。どこを押したらこんな発想が浮かぶのか。天才と狂人の間を行き来しているような感じがする。
悪夢探偵 見てきました よしなしごと/ウェブリブログ
ところで、寝たら自分を切り裂くなら、警察なんだから拘置所に手錠で動けないようにして見張り着けて監禁してもらえばいいのに。。。
「悪夢探偵2」で15歳ヒロイン誕生 - mediajam
人気映画シリーズ「悪夢探偵2」のヒロインに15歳の新人、三浦由衣(ゆい)が大抜てきされた。オーディションには有名若手女優ら約300人が集まったが、その独特の存在感で、主演・松田龍平(24)の相手役をつかんだ。
悪夢探偵 イバラ日記
松田龍平は人外やらせたら別格ですね。鬱々でダメダメで自殺未遂を繰り返す悪夢探偵が超似合う。一緒に見に行った友人とも話したんですが、松田龍平に普通の役やらせちゃダメだと思います。
今日のイイことワルイこと: 悪夢探偵
観ていて感じたのは、シチュエーションが素晴らしかった。このシーンを語るのはこういう状況でこういうセット、というのがドンピシャでした。
UnderConstruction : 『悪夢探偵』
一流の人はその人独特の表現方法を持っていることが多い。作品を見ただけでその人がつくったものだと分かる。らしさを出すことは、オリジナリティーにつながることで、(一般的な意味でのオリジナリティーという意味で、以前書いたオリジナルとは違うことだが)なかなか表現しきれるものではない
悪夢探偵(2006/日) (キリタニネットブログ)
観てきました。悪夢探偵。塚本さん、やりたい放題。いいですっ!
悪夢探偵 - coyote note
音、ノイズ、ぶれまくる映像、悲鳴、目、表情、声・・・・全てに何かが込められている。そしてこれだけはっきりと「映画」を信頼した映画を見ると、なぜだか分からないが嬉しいような気分になる。
その映画、どうだった? 悪夢探偵
話は面白く感じたし、思ったよりもホラー度が高くて見応えもあったのですが、惜しいことが唯一ありました。それはhitomiの演技で、どうもその演技力はいただけませんでした。
ひめの映画おぼえがき 悪夢探偵
血が苦手でなければ、龍平くんと安藤くんファンにはオススメです。アップがいっぱい!(それだけじゃないけど。)解決してるのかはいまいち微妙だったけど、痛くて不気味な映画でした。
カノンな日々:悪夢探偵/松田龍平、hitomi - livedoor Blog(ブログ)
hitomiのドアップばかりがやたら多くて、ホラーテイストのPVでも観てるかのような映像がいっぱいです。霧島にしても影沼にしても人物背景の描写にもう少し力を入れてほしかったですよね。それから探偵と銘打つからにはミステリーとしての面白さはハズしてほしくないんですよね。警察にしても影沼にしても事件を捜査し解決していく過程が見せ場だと思うんだけど、展開がかなり強引で結局うやむやな結末にしか見えなかったんですよねぇ。意味ワカンナイって。
銅版画制作の日々 悪夢探偵(-_-)zzzああ、いやだ ああああ、いやだ・・・・
ジャンルとしてはアクションスリラーだそうです。夢の中で被害者が目に見えないものに追いかけられるのですが・・・・。あまり怖さは感じません。かなり血だらけでの刺殺シーンもさほどえぐいとは思いませんでした。あのクエンティ・タランティーノも、塚本晋也監督ファンだそうですが。確かにお話としては面白い
☆彡映画鑑賞日記☆彡:悪夢探偵 - livedoor Blog(ブログ)
そして、やっぱり悪夢探偵の龍平さんカッコ良かったですねぇ~。ヤル気のない感じといい神秘的な感じといい存在感といいとても良かったです!
悪夢探偵 カフェビショップ
設定と映像はよいけど、話がつまらんってかんじかな。続編とハリウッドリメイクがあるらしいから、そっちに期待っすかな。
『悪夢探偵』 - cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー - 楽天ブログ(Blog)
すっごく独特の世界観があって、とってもコアなビジュアルでありながら、おどろおどろしさも十分に感じられる作品っていうのが何よりすごいなと。この監督の演出のらしさなんだろうけれど、こういうところは惹き付けられる魅力はあるなーと。でも、ホラーやおどろおどろしいミステリー系が苦手な人は観ない方がいいかも。
クマの巣 「悪夢探偵」
よく悪夢を見るたちなので、そこそこ期待していたのですが、途中でこの映画の欠陥に気づいてしまいました。「TVで放送できるていどのコードで本当の悪夢なんか描けない!!」ってことです。
CINEMAIZM!! | 『悪夢探偵』
いい意味でも悪い意味でもとことん人を不快にさせる要素が満載。見てると落ち着かなくなるというか、そわそわしてくる。そんでものすっごい追い詰められる。
フィルメモリー/FILMEMORY: 「悪夢探偵/NIGHTMARE DETECTIVE」
悪夢の描写は過激、不気味、不快でスピード感ある気がしますが、迫り来る恐怖には緊迫感というよりもめくるめくような不快感、焦燥感と昏倒感を強く覚える気がします。
旧作をねらえ!in TSUTAYA  わさぴょんの映画鑑賞日記: 「悪夢探偵」・・・91点
いや~、スゴイの観ちゃった~♪ hitomiの演技が下手だった事を除けば、パーフェクト!な作品(その分、安藤政信の途中からの吹っ切れたような演技は良かった)。塚本監督、最近は現実世界を描いた作品が続いていましたが、今回の題材はズバリ悪夢という事で、もうやりたい放題、トバシまくってます。
悪夢探偵/塚本 晋也|1日1冊読書日記
お話の方はダークで気持ちが暗くなるのだけれど、最後ら辺になってくると何だかちょっと「救い」的な部分も感じられて、あながち読後感が悪くはなかった。
「悪夢探偵」… - 灰色の空のむこうには… - 楽天ブログ(Blog)
サイコサスペンスなのになぜかホラー。う~ん、正直なところどっちつかずな作品でラストがよくわからないままに終わるというものでした。
「悪夢探偵」 こういう物語を味わうと「ゆりかちゃん」が読みたくなる…-欽司映画日記-おすぎを殺すために記す-
物語だけを追えば、30分ぐらいで終わらせられるところを、今作は106分。何に時間を割いているかと言うと、爆音の音楽の中で得体の知れない物体がガシャンガシャン動き回り、肉は裂け、血が飛び散り、世界への呪詛がひたすら叫ばれる、塚本世界のお約束です。
徒然草子・Χ | DVD・悪夢探偵ツボでした!!
弱っているのに、終われない主人公~!Sの気分をそそります!でてくる物語の真相もけっこう凄い!悪夢で人々を殺す奴が凄いんだよ!!個人的には『ぎゃぁぁぁ(苦笑)』
サンエー精工・寄居事業所・映画同好会   観賞しよう! 「映チーム」: 悪夢探偵
・・・・・こわかった。松田龍平&hitomiに惹かれてみましたが、こんなにもこわいと思いませんでした。
「青と緑の真ん中」 | 「悪夢探偵」
いたるところに内臓感あふれる作品ですが、私は夢の中で襲ってくる得体の知れぬものが「すっごく怒ってて、すっごく焦ってて、あちこちぶつかりながら(たまに狙うものを通り過ぎちゃいます)ドタバタやかましく走ってくる所」が1番好き。これをしてるのが”得体の知れぬ何か”っていう状態が魅力を感じる。
☆温浴生活☆: DVD『悪夢探偵』
見終わった後は、必ずや塚本晋也の勇姿だけが、貴方の脳内でまさに悪夢のように蘇ること請け合いです。
ケントのたそがれ劇場: 悪夢探偵
映画の中味自体には、塚本流の世界感が漂っていたが、残虐シーンにこだわり過ぎて、肝腎のテーマがぼやけてしまったようだ。トラウマと自殺願望と夢の相関性について、もっと解析した描写が出来なかったのだろうか。
5125年映画の旅:悪夢探偵 - livedoor Blog(ブログ)
この手の映画で見所になるであろう夢の中に侵入するシーン。たとえば同じく夢に侵入する『パプリカ』の場合、現実にはありえない映像を駆使する事で夢の中の異世界を構築していました。『悪夢探偵』の場合は映像自体は普通の世界と変わりませんが、演出や照明で悪夢の世界を演出しています。特にオープニングに出てくる「薄暗い六畳一間に髪の毛が浮かんでいる」というのは気味の悪さと怪しさが爆発する良いシーンでした。
アロハ坊主の日がな一日 | [ 悪夢探偵 ]ああ、いやだ。ああああ、いやだ。わけわかんない。
要はよくわからない話だからこそ、どうとでも料理はできる。それを塚本監督は、一見荒唐無稽な話にも見せながらも、実は緻密に、かつ監督のテーマ“都市と肉体”という観点を盛り込み、そしてわくわくする上質なエンターテイメントに仕上げているのだ。
「悪夢探偵」次回が楽しみ - 再出発日記 - 楽天ブログ(Blog)
アイディア自体は「リング」や「着信アリ」「回路」から借りてきたような雰囲気があるし、悪夢に入っていくパターンは小説世界では宮部みゆき「ドリームバスター」がある。けれどもキャラクターが立っている。
悪夢探偵(07・日)|no movie no life
「なんだかリアル」な設定は理解できるのだが、リアルじゃないのが警察や霧島刑事(hitomi)の存在だ。お粗末感が否めない。特に霧島刑事は映画のキイになる人物なのだが、ものすごく強引な流れで影沼を巻き込み、自分が当事者になってゆく。
映画大陸:『悪夢探偵』 - livedoor Blog(ブログ)
恐怖を効果的に引き立てているものの一つが現実の世界の風景ではないでしょうか。この映画にはやたらと高層ビル群が登場します。高層ビル群にポツンと桐島らが佇むカットが印象的ですが、それを観ていると周りを無機物に囲まれて生活していることに嫌でも気づかされるのです。
EDITOREAL : 感想/悪夢探偵(試写)
マンガちっくなストーリーに印象的な映像表現がうまく融合してて、楽しいよ。スリリングなカメラワークと暗~い映像が恐怖感を上手にあおってる。話の掴みも無駄がなくてすんなり引き込まれ、展開のテンポいいし、巧みです。
長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 「悪夢探偵」映画館レビュー 悪夢という名の夢
孤高なる映画人としての究極の姿勢は、尊敬をも越えてしまった。。。
悪夢探偵 (2007/日本) - マイペースマイライフ - 楽天ブログ(Blog)
こんな教育上よくない映画をたまたま家族全員で観てしまったのだが、痛い系が大の苦手の家族なので、肝心な場面は誰も観てなかったりする。
徒然なるままに・・・? 243.『悪夢探偵~NIGHTMARE DETECTIVE~』みちゃった!(^^)!
この物語では、その悪夢が現実になってしまう! 悪夢とリアル世界とのリンク・・・>怖っっ! そして、出てくる人たちの「死」への切望と それを肌でリアルに感じてしまう能力を持った 青年の苦悩の物語。
藍空放浪記: 「悪夢探偵」塚本晋也
本作の龍平は申し分なく魅力的なのではないだろうか。悪夢探偵という他人の悪夢の中に出没できる能力を持つがそれは本人にとっては物凄く辛い体験なのであり他人の心の中を覗きみることで彼は背を向け「ああ、いやだ、いやだ」と苦渋に満ちた表情でつぶやくのだ(なんていや~な決め台詞!)



youku.com版 2008.5.10追加

スポンサーサイト

ブックマークに追加する





ブログパーツ
文中リンク、TBありがとうございました。
ストーリー的には今ひとつなんですけどね、この時のあの嫌そうな龍平くんを思い出すと、もう一回見たかったりします。
という訳で、続編が作られるに1票!
[ 2007/12/20 02:37 ] [ 編集 ]
 こちらからのトラックバックが反映されないようなので、コメントで失礼します。私は、塚本晋也監督が大好きで、公開されるたびに映画館へ行くのですが、アタリハズレの大きい監督だと思っています。それでも、アタリの時が忘れられず、いつも注目している次第です。  冨田弘嗣
[ 2007/12/20 01:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL

監督・脚本:塚本晋也出演:松田龍平、hitomi、安藤政信、大杉漣、原田芳雄、塚本晋也江戸川乱歩の大ファンだったという塚本晋也監督がかねてから撮ってみたかった念願の探偵もの。人の夢の中に入って悪夢を取り除くことを生業にしている悪夢探偵が、猟奇殺人事件を...
[2008/02/06 16:47] 再出発日記
悪夢探偵   公式HP   詳細@yahoo映画 ≪パプリカ≫ に続いて観たのは同じく「夢」関係の映画 いや~、グロかったなぁ そして、眠るの怖くなるっつーの 設定はいいかなと思ったけど、サスペンスを気取りつつほとんどホラーだったのに納得いか
他人の悪夢を見るほど辛いことはない・・・ 2つの自殺体。その共通項は、まるで悪夢を見たかのように、自分の胸や首を刃物で何度も刺して死んでいることと、最後にはケイタイ番号「0」と通話をしていること。警察はこの番号にリダイヤルし捜査をしようとするが、一方で...
[2008/01/02 04:20] no movie no life
今年の記念すべき第1回目の劇場映画鑑賞、まさに悪夢でした(ベタ(笑))ほんまでも正月早々からこんな映画メジャーで公開するプロデューサーの気が知れんな、、、ってプロデューサーも塚本さんなんかいっ!(笑)
悪夢探偵 あ~~、いやだ、あーーやだ、やだ、あー、いやだ。 探偵が探偵ぽくない映画はやだやだ。 松田龍平が人の夢に入り込める探偵に扮したサイコスリラー。 っていうか探偵じゃないよなー、これは。 やだやだ言ってるだけで、なんか探偵っぽいことしてたかなあと..
[2007/12/23 09:18] カフェビショップ
アパートの一室で少女の惨殺死体が発見され、自殺と断定される。つづいてメタボリックなサラリーマンが、妻の隣で眠りながら自分の首をグサグサ刺して死ぬ。 二人の被害者は、「0」で表示される謎の人物と最後に電話をし、悪夢にうなされていた。事件を担当するエリ...
[2007/12/21 06:23] しまねこ日記
 最近はそれほどでもなくなりましたが、以前は変な夢を見る事が多かった。  僕の夢ネタはいくつかの映画感想の中で書いたと思うので詳細については省かせていただきますが、中にはいわゆる悪夢と呼んでも良いものも有ったような気がします。  悪夢・・・これは単純...
[2007/12/20 22:26] 映画大陸
普段は舞台挨拶付の回はまず外すのですが、今回は次の映画のこともあり実に久々に舞台挨拶付の回を観ました。
[2007/12/20 20:56] B級パラダイス
悪夢探偵 スタンダード・エディション 監督:塚本晋也 出演:松田龍平、hitomi、安藤政信、大杉漣、原田芳雄、塚本晋也... 「お願い、私の夢に入って、一緒にあの男を倒して。」 ...
[2007/12/20 16:31] ひめの映画おぼえがき
今回は世界的にも人気の高い塚本晋也監督最新作、「悪夢探偵」を鑑賞。すでに欧米の複数の映画会社からリメイクのオファーが殺到している話題作です。しかし、痛いシーンが多いので、ホラーが苦手な方はちょっとつらいかな? ブログを書くならBlogWrite
[2007/12/20 11:55] シネマ名画座
映画館にて「悪夢探偵」 塚本晋也監督が放つ異色サスペンス。他人の夢の中に入れる特殊な能力を持った主人公“悪夢探偵”が、ヒロインの女刑事と共に謎めいた殺人事件の謎に迫る。 感想を簡単に述べると・・・ 暗いです。 重いです。 グロテスクです。 シュールです。
[2007/12/20 09:25] ミチの雑記帳
hitomi、演技(とくにセリフ)はまるでダメだった。 悪夢探偵 スタンダード・エディションposted with amazlet on 07.08.17ハピネット (2007/06/22)売り上げランキング: 13764おすすめ度の平均: こうい...
タッチした・・・
[2007/12/20 07:58] ネタバレ映画館
立て続けに起こった二つの自殺。一見関連性の無いように思われた二つの事件だったが、自殺の直前に『ゼロ』という謎の人物に電話していたという共通点があった。エリート刑事・霧島はこのゼロが暗示によって被害者を死に至らしめたと推測し、人の深層心理に入り込む能力を...
[2007/12/20 06:50] 5125年映画の旅
龍平最高!!! 龍平最高!!!  龍平最高!!!いやぁ~。面白いです。特に松田龍平!
[2007/12/20 02:39] レザボアCATs
映像がおもしろいアクションスリラー『悪夢探偵』1月13日公開。人の夢の中に入れる男・影沼。しかし彼は自分の能力を好んでいない。そこに、謎の変死事件が相次ぐ。事件の鍵を握るのは夢であると考えた女性刑事が、影沼を訪ねるが、彼は夢に入る事を拒む。すでにシリーズ
[2007/12/19 23:33] EDITOREAL
アレレ?何だか想像していたのとはだいぶ違いました。事前に得ていた作品概要とも微妙に違う感じだし。監督が「ヴィタール」の塚本晋也さんなので、このダークでグロなテイストはわかるんだけど、タイトルからイメージしちゃうような探偵モノではない気がするんですよねぇ...
[2007/12/19 22:41] カノンな日々
最近の記事
この動画を観ました。
[対応動画サイト]
*YouTube*ニコニコ動画 *GoogleVideo*AmebaVision *Stage6*Dailymotion
BOOKMARK
RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。