きゃらめる*ぱぱは、無料映画をyoutube・ニコニコ動画・dailymotion・veoh・guba・youku・mofile・pandra.tv等、 画像をFlickr等から紹介!インターネットの話題を綴るブロクです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【映画】砂の女(1964) / 勅使河原宏,安部公房 



「砂の女」のキーワード

安部公房 岸田今日子 勅使河原宏 武満徹 シュール アート ハンミョウ 部落民問題 前衛 カフカ アルベール・カミユ 不条理 世紀の会 砂害 虜 ヌーヴェルヴァーグ 土俗 庄内砂丘 純文学



スポンサーサイト


【アニメ】Wile E. Coyote and Road Runner ロードランナー  


Beep! Beep!

Wile E. Coyote and Road Runner - Wikipedia, the free encyclopedia
Joes based the Coyote on Mark Twain's Roughing It[citation needed], in which Twain describes the coyote as "a long, slim, sick and sorry-looking skeleton" that is "a living, breathing allegory of Want. He is always hungry". Jones said he created the Coyote-Road Runner cartoons as a parody of traditional "cat and mouse" cartoons (such as Tom and Jerry)

ワイリー・コヨーテとロード・ランナー
それは、ニーズ対スピード、憤激度対加速度の終わりなき戦いである。ワイリー・コヨーテとロード・ランナーの対戦の歴史をつづる20作以上のワーナー・ブラザーズ・カートゥーンにおいて、このコンビは終始一貫、決して緊張を失なうことなく古典的な追いかけっこを繰り広げてきた。悲運なワイリーはロード・ランナーの疾走を止めるため、ますます入念で、一見成功間違いなしの計画を練り上げる。当のロード・ランナーは危険に気づかぬまま、気の毒なワイリーが丹精こめて作ったワナから常に身をかわしていく。

【3DCGアニメ】はなれ砦のヨナ / 竹内謙吾 


【CGアニメーション】【3DCG】【ファンタジー】
[監督] 竹内謙吾プロフィール
京都大学を卒業後、CG専門スクール・デジハリ東京本校に進み、1997年スクウェア(現スクウェアエニックス)に入社。CG映像クリエイターとして「ファイナルファンタジーVIII、IX」「クロノクロス』『キングダムハーツ』等のゲームムービー、スクエアUSAで『ファイナルファンタジー・ザ・ムービー』等映画、『さとうきび畑の唄』等TVドラマの制作に携わる。2002年スクエアを退社、『ほしのこえ』(新海誠監督)を目にし自らも自主制作を志し、本作を2005年に完成。

View most interesting 'finalfantasy' photos on Flickriver



【映画】「黒蜥蜴」江戸川乱歩原作 



原作の「黒蜥蜴」(くろとかげ)は江戸川乱歩の小説の代表作の一つで、女賊と名探偵明智小五郎が対決する推理小説。初出は連載小説として雑誌「日の出」に1934年1月号~同年12月号に連載されています。

【映画】檸檬のころ/誰もが通り過ぎてきた甘くて切ない世界 



初めての通学電車。初めての片思い。初めての告白。初めての仲間。初めての恋。
大人になったら味わえない。味わわずには大人になれない。田んぼと山に囲まれた町の普通の高校生のキラキラした瞬間。公式サイト



【無料映画】人間的ダークヒーローの誕生/ 「悪夢探偵」 

akumu_image02
し・しまった。なんの情報もなしに観てしまった。先入観が待ったく無いと何が起きるのか楽しい。『悪夢探偵』というくらいだから江戸川乱歩の作品イメージで、明智小五郎みたいなものではないかと勘違いしてました。松田龍平、hitomi主演。歌手のhitomiの名が。彼女はこれが映画ヒロイン初主演。それも警察キャリアの役回り、なるほど、面白い配役。だけど演技は期待できないかと。『悪夢探偵』は塚本晋也の小説、および2007年1月13日公開の日本のスリラー映画。塚本晋也監督の10作品目。ホラー要素たっぷりのスリラーでしょう。深読みしながら観ると相当面白いです。所謂、分かりにくい比喩みたいな部分も多々あり、それを独自でひとつひとつを場面で解釈し納得させながら観ていくと、うーん。「そうか!」と唸ります。前半の突拍子なストーリー展開は徐々に心配になっていきます。そこまでストーリーを飛躍させると後が続かないぞぉ~と、これを、どういう風にまとめるつもりなんだーっと。ああ。きっとラストの落ちはガッカリするんだろーなと。「SAW」の陰湿な地下室のシアン色気味のイメージが全編を通して流れている感じ。そして、「アナザーヘブン」と「ナイトヘッド」を足して2で割ったようなストーリー展開。塚本作品で言えばすこし違うかも知れないが「鉄男」「双生児」とか。黒澤清の「CURE」「エルム街の悪夢」系? 松田龍平はこういう暗い狂気的な鬱な役にはまります。ここで改めて思うのは、大島渚が「御法度」での松田龍平の使い方。如何に俳優を生かしていたかということですね。しかし、なんとまぁ美しきかな松田龍平と言うオーラがある男は。この映画、Cool過ぎて松田龍平、hitomiに感情移入が出来ません。その理由は簡単で「httomiは口が動くだけで表情にバリエーションが無い。お前は人形か(後半除く)なのに出番多すぎ」のと、ふたりとも「つり目、つり眉毛」だからです。きっぱり。


最近の記事
この動画を観ました。
[対応動画サイト]
*YouTube*ニコニコ動画 *GoogleVideo*AmebaVision *Stage6*Dailymotion
BOOKMARK
RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。